top of page

日本 - ヨーロッパ対話型美術展より / Maryna Mazur(マリーナ・マズール)

日本 - ヨーロッパ対話型美術展 】出展作品/作家をご紹介します。







Maryna Mazur / マリーナ・マズール




オルタネート・トーン

(アクリル画 / 四角い万華鏡)


「四角い万華鏡を通して白と黒のフィールドを見ると、鏡面反射の影響と動きによって、色の断片が位置を変え始めます。明白な分割と結果としての秩序は変容し、新たな意味を持ちはじめます。この装置を通して、鑑賞者は私が提案した空間だけでなく、目に見える空間全体を見ることができます。」



メモリーオルゴール


「初めて日本を訪れた時に耳にしたメロディーは、私が子供の頃に聞いたものとほとんど同じような音を思い起こさせるものであり、またその時の瞬間が思い出されるものでした。そこで、思い出を呼び起こすためのオルゴールを制作しました。」



マリーナ・マズール

 

マリーナ・マズール


1982年、ポーランド生まれ

ジェロナ・グラ大学視覚芸術研究所、ポズナン芸術大学卒業

グラフィック・絵画、写真の分野で活躍

現在 ジェロナ・グラ大学視覚芸術研究所グラフィックスタジオ 助教授、ポズナン芸術大学 助教授

 

Alternating Tones


Looking through the "squareoscope" at the fields of black and white, under the influence of mirror reflection, and as a result of movement, fragments of colors begin to change their position. The obvious division and resulting order is transformed and new meanings emerge. Through the device, the viewer can see the entire visible space, not just the one I have suggested.



Memory Music Box

The melody I heard during my first trip to Japan brought back almost identical sounds from my childhood. It also reminded me of moments from that time. So I created a music box for recalling memories.



Maryna Mazur

 

Maryna Mazur, born 1982, Pińczów. Graduated from the Institute of Visual Arts of the University of Zielona Góra, and the University of the Arts in Poznań. Works in the fields of graphics, painting, photography. Assistant Professor at the Graphic Studio – Intaglio and Linocut of the Institute of Visual Arts at the University of Zielona Góra and Assistant Professor in Graphic Studio III of the Magdalena Abakanowicz University of the Arts in Poznań. Lives in Poznań.

 

日本 - ヨーロッパ対話型美術展 【会 期】2023年4月8日(土) 〜 6月4日(日) 【会 場】本館1F / 展示室 【休館日】火・水曜 (祝日は開館)、4/24・27・5/1・8

Comentários


bottom of page