【彫刻館 宇空】鈴木律子 展


展覧会のご案内 

彫刻館「宇空(うくう)」にて『鈴木律子 展』がスタートしました。

本展で作家が表現したのは、大地のエネルギー。

クスノキを切り刻んで作り出す作品群は、神秘的で崇高なイメージを醸し出しています。

美しい影を作りながら天に向かって伸びる作品の姿はもちろん、

展示室の空気や、庭の景色と相まって生まれる調和も見所の一つ。

静寂の中、風の音と鳥の鳴き声だけが聴こえる空間で、

五感で感じて頂きたい展覧会です。

是非、会場にてご高覧ください。

(9月10日まで開催)





鈴木律子(Ritsuko Suzuki) 造形作家

1971 三重県生まれ

1994 東京学芸大学教育学部卒業

- 主な展覧会など -

モダンアート協会展 出品

2006 新人賞

2008 協会賞

2009 会友佳作賞

現在  会員

損保ジャパン美術財団奨励展

それぞれの刻展 / 三重画廊

羅針盤セレクション2011 / アートスペース羅針盤(東京)

ピアザ展 / 豊田市美術館県民ギャラリー(愛知)

三重の作家たち展 / 三重県総合文化センター(三重)

現代日本の視覚展 / 三重県立美術館県民ギャラリー(三重)

ZEROの視点 / 山梨県立美術館県民ギャラリー(山梨)、ギャルリー志門(東京)

三重の立体造形作家たち展 / 伊勢現代美術館(三重)

個展 / 三重画廊、ギャルリーくさ笛(名古屋)

個展 / ギャラリー彩(名古屋)

- 作品スタイル -

「楠」を切り刻み、制作をしている。

樹齢100年の木には、底知れないパワーが宿っており、

切り倒されて数年経った今でさえも「この木はまだ生きている」と感じる。

温もりと時空を超えた意識を感じるこの素材の力を借りて、

生命のエネルギーの作品化を模索している。

彫刻館 宇空(うくう)

伊勢現代美術館の別館「彫刻館 宇空」屋内展示室では、立体作品の企画展を開催。

また、森を背にした屋外展示スペースでは、石彫・木彫・陶・ブロンズの立体作品を常設展示。

#展覧会