松原豊 写真展

Local public bath "Sento"

【会 期】2022年1月6日(木) 〜 2月13日(日)

【会 場】本館2F / 展示室

【休館日】​火・水(祝日は開館)1/13・14・31

2-141211銭湯霊泉湯伊勢市002-2015tenji-finsiryo-150105-web2048.jpg

Local public bath "Sento"

 

 

私たちの身近にある銭湯。

温泉とは雰囲気も形式も違うそこは、古くから続く日本庶民の生活文化が色濃く見られる場所だ。

 

2006年頃からゆったりとしたペースで撮り始めた、三重県の銭湯写真。

稼働中の銭湯を撮影し、その空気感を閉じ込めておきたい、と記録を進めた。

 

道路に面した暖簾をくぐると番台があり、そして脱衣場がある。

浴槽までの距離が短く、すぐ湯に浸かれるのは地方銭湯では馴染みのスタイルである。

 

男湯 / 女湯

富士山ペンキ絵

オカマドライヤー

 

時の流れが刻み込まれた空間には、それぞれに個性的なデザインが見られ、人に使われているからこその美しさが宿る。

独特の世界観と、そこに映る「もの」たちの存在を確かめながらじっくりと鑑賞すれば、「目で浸かる」体験に繋がるはず。

そして、いよいよ入浴したくなったら銭湯に足を運ぼう。

あなたのLocal public bath “Sento”へ、いざ行かん。

松原豊

写真家



MATSUBARA, Yutaka
​Photographer

松原豊

1967 三重県生まれ

 

    写真専門学校(名古屋ビジュアルアーツ)を卒業後、

    カメラマンアシスタントなどを経て、フリーランスになる。

 

現在  三重県津市美里町 在住、作品制作を行う。

 

2013 第62回伊勢神宮式年遷宮(御遷宮対策委員会)記録撮影担当

    専門学校 名古屋ビジュアルアーツ非常勤講師(2020年3月まで)

    ギャラリー176(大阪)運営メンバー

    写真好学研究所所長(三重県津市美里町)

    gallery0369(三重県津市美里町)オーナー

    国立鈴鹿高等専門学校非常勤講師(2021年10月〜)

 

 

- 写真集・本 -

 

2011 写真集「村の記憶」(月兎舎)出版

共著:

2012 写真集「生きる」 – 東日本大震災から1年 – (公益社団法人日本写真家協会編)

2015 植島啓司氏(宗教人類学者)との共著「伊勢神宮とはなにか日本の神は海からやってきた」

                               (集英社ビジュアル新書、撮影担当)

 

 

- 個展 -

 

2011 写真展「村の記憶」(新宿、大阪ニコンサロン)

    写真展「路地の湯」(HCLNagoya Gallery / 名古屋)

2017 写真展「Local public bath”Sento”」(gallery176 / 大阪)

2018 写真展「青森」(gallery176 / 大阪)

2019 写真展「EURASIA 2004 winter」巡回展(gallery176 / 大阪、HCL Nagoya Gallery / 名古屋)

    写真展「Local public bath “Sento”」( 1839當代藝廊 / 台湾・台北)

2020 写真展「Local public bath “Sento”」(TOTEM POLE PHOTO GALLERY / 東京)

2021 写真展「Local public bath “Sento”」(伊勢現代美術館 / 三重)

2022 3月開催予定  写真展「界隈」(アルスプラザギャラリー / 三重)

- グループ展 -

 

2012 写真展「生きる」 – 東日本大震災から1年 -

                 (公益社団法人日本写真家協会 / 東京、仙台、ドイツPhotokina)

2017 TAIWAN PHOTO 2017 「Local public  bath“Sento”」 (新光三越 / 台湾・台北)

2018 TAIWAN PHOTO 2018「Local public  bath“Sento”」 「恐山」(新光三越 / 台湾・台北)

2019 1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展

    「gallery 176 写真家6人|それぞれの視点、それぞれの世界」

    「Local public  bath“Sento”」( 1839當代藝廊 / 台湾・台北)

 

 

- 受賞歴 -

 

2012 「村の記憶」三重県津市文化奨励賞 受賞

2012 「村の記憶」林忠彦賞候補 最終ノミネート

 

 

- 主な役職 -

 

名古屋ビジュアルアーツ非常勤講師(2020年3月退任)

写真好学研究所 所長

三重県生涯学習センター学校向け文化体験プログラム講師

国立鈴鹿高等専門学校非常勤講師(2021年10月〜)