【本館1F】稲垣考二 展





昨日より、「稲垣考二 展」がスタートしました。

稲垣考二(国画会会員)による当館では6度目となる個展。

写実描写による巨大絵画_

幻想的なイメージと美しい色彩、センセーショナルなインパクトが、会場全体を包み込みます。

作家は、写実描写の魅力を「観ているもの、あるいは過去に観たものに画面が徐々に近づいて行くこと」と言い、

同じ人物を角度を変える等して複数人描くことで、交差視で見ると3Dに見えるという仕掛けのある作品も展示。

その他に、当館の前館長で写真家の絵門仁への追悼の意味を込め、彼の「桜」の写真をもとに描いた作品や肖像画も展示します。

この展覧会は、2019年3月3日までの開催。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

稲垣考二 展

2018年12月20日(木)〜2019年3月3日(日)

伊勢現代美術館 / 本館1F 展示室にて

冬期休館日

12月25日(火)〜2019年1月2日(水)