【本館1F】榊原匡章 展「神の通る道」


榊原匡章 展『神の通る道』

本館1F

1月28日(日) 〜 3月4日(日)

画家 榊原匡章による、自身初のモダンアートの絵画展。

白・赤・黄・緑・青の鮮やかな5色のペイントで制作する作品には独特の風合いが見られ、

白色で表現する「神の道」を始め、それぞれの色には独自の意味が込められています。

榊原氏が77歳にして挑んだ、新しいアートの表現をご高覧ください。




榊原匡章 展 「神の通る道」

絵を描く事は、まず白を塗る事から始める。

何も迷うことはない。

使う色は白色、赤色と黄色、そして緑色と紺色。五色しか使わない。

道の白色、東から昇る太陽の赤色と西に沈む夕日の黄色、山の緑色、川の紺色。

この五色で絵は描けるのである。

神職は白色を纏い、神に近づく。

全ては白が基本である。

伊勢神宮にも白と黒の世界が存在する。

白色は神なり、黒色は人間そのものなり。

無になることは難しい。

「白から黒に」は簡単でも、「黒から白に」は不可能に近い。

考えずに色を塗ることは不可能だと思われるかもしれないが、私は考えないのである。

考えていたら前には進まない。 筆を握った手がワッと描くのである。

その時は無になる。

それは、すなわち「白」である。

七十七歳にして一気に描いたけれど、今度はいつ描けるのか分からない。

描きたいという衝動がいつ起こるのか、自分にも分からないから不思議である。

榊原匡章

________________________________________

榊原匡章(Kyosho Sakakibara)

1940

三重県伊勢市 生まれ

1975

三重県鈴鹿市にて 「椿大神社」 榊椿会を結成

伊勢神宮神事 「御塩作り」 写真展を開催 (たばこと塩の博物館 / 東京)

竹内敏信 氏、田中雅夫 氏に師事

伊勢神宮風景 写真展を開催 (キャノンギャラリー / 東京・愛知)

1981〜

絵画展を毎年開催 (小田急百貨店 / 東京など多数)

1994 〜 2005

北海道の松前城から沖縄の首里城まで、全国50の城を和紙 (幅2.3m ・ 長さ270m)に約12年間描き続ける。

絵の色付には、1万人以上の人々が参加

「全国古城絵巻五十選」を愛知万博に出展

「世界で一番大きな絵本」 (幅2m ・ 高さ3m ・ 30ページ) の、絵と書を担当

「2000ピースのジグソーパズル」を制作

伊勢自動車道開通記念行事の絵と書を担当

その他、個展など多数開催

2018

絵画展 「神の通る道」を開催 (伊勢現代美術館 / 三重)