【本館1F】岡本敦生 展『水を彫る』excavate a water - 2017



【展覧会のご案内】_______________________________

本館1Fにて、日本を代表する彫刻家_岡本敦生による展覧会、

『水を彫る - 2017 “excavate a water - 2017”』がスタートしました。

※ 本館にて新作展を、別館にて旧作展を同時開催。(旧作展は9月16日〜)

※ 屋外展示スペースでは、常設展示作品もご高覧いただけます。

また、9月16日(土)には、オープニングセレモニーを開催。

フルート&ピアノのコンサートと岡本氏によるギャラリートークを行います。

(※下記を参照ください)

皆様のご来館をお待ちしております。

_________________________________________

『水を彫る “excavate a water - 2017”』

岡本敦生の1970〜80年代の作品「水域」は、水の屈折率を正確に計算し、

石をもって「水の無い空間に水域を作る」というコンセプトのものだった。

そして今、岡本は近年の作品「発掘・excavation」や「化石・fossil」の

制作過程において、かつての「水域」に再び辿り着く_

自作の円環に感動しつつ、岡本は現在の自身にとって新鮮な試みとして、

新作「水を彫る – excavate a water」を発表する。

_________________________________________

【オープニングセレモニー】

2017年9月16日(土)

●14:00〜15:00 イメージコンサート / 日向恵子(フルート) & 杉本奈穂(ピアノ)

●15:20〜16:00 ギャラリートーク / 岡本敦生

【入館料】大人700円、学生(大高中) 500円、小学生以下無料

【コンサート】 大人・学生 500円、小学生以下無料(※下記参照)

【ギャラリートーク】無料(※下記参照)

※予約不要(当日会場受付)

※ご参加には、岡本敦生展のチケット半券(当日または以前のもの)が必要。

伊勢現代美術館 /本館1F 展覧会場にて開催いたします。 石彫の浮かぶ空間での、非日常的体験をお楽しみください。

_________________________________________

岡本敦生 Atsuo Okamoto

1951年 広島県生まれの彫刻家。

1977年 多摩美術大学大学院彫刻科を修了。主に御影石を使用した作品を制作する。

国内外の多くの展覧会に出品、シンポジウムに参加するなど、日本を代表する彫刻家として活躍。

受賞歴に中原悌二郎賞優秀賞、ヘンリー・ムーア大賞、ヒロシマ国際文化財団美術奨励賞などがある。

伊勢現代美術館では、2003年に個展を開催。

彫刻館 宇空(うくう) の屋外展示スペースでは、複数の作品を常設展示する。

#展覧会