【本館2F】川崎和美 展『存在標本』


展覧会のご案内 

Fresh 2017 / 川崎和美 展『存在標本』が本館2Fにてスタートしました。

いきものの「生」と「死」の不可思議を、

立体作品で表現したインスタレーションです。

信楽焼きの“心臓”

ガラスドームの奇妙な植物

十字モチーフが施された椅子

錆び付いたショーケース_

会場には、イマジネーションを掻き立てられる様な、

謎めいた光景がひろがっています。

静かに佇むこれらの作品群を前にした人々が、

人生を振り返る事をイメージしたという作家。

作家の言う、制作の原動力となる負の感情とは相反する

力強さや美しさをも感じさせる空間となっています。

是非、会場にてご高覧ください。

(7月2日まで開催)




川崎和美 (Kazumi Kawasaki) 造形作家

1963 愛知県生まれ

名古屋芸術大学大学院 デザイン研究科クラフトデザイン研究 修了

- 主な個展など -

2014 「夜をつかむ手」 ギャラリーLaura (愛知)

2014 「FRESH2014 川崎和美展」 伊勢現代美術館 (三重)

2016 「約束の透視図」 ギャルリードゥセーヌ八事 (愛知)

その他に、グループ展(ジュエリー展、パリ国際サロン等)への出展多数 

#展覧会