【本館2F】Fresh2017 村上誠子 展


本館2Fにて、「fresh2016  村上誠子展 –from 8:00 p.m. to 1:00 a.m.-」が開催中です。


京都市を舞台に、「夜の窓」をテーマにした写真作品全8点が並びます。

写真家 村上誠子

長野県生まれ、愛知県育ち

2015.3 名古屋造形大学 コンテンポラリーアートコース 卒業

2016.4 京都造形芸術大学大学院 総合造形領域 入学

学びの場として昨年より京都に住み始めた村上さん。

街を散策するうちに、複雑に入り組んだ多くの狭い通りや、

道路と建物の窓の近さなど、京都ならではの町並みを感じたといいます。


                                       「0:57a.m」 1322×1066mm (ed:1/5)

近くにあるようで遠い、窓の向こう側の景色を写し取ろうと、夜に見せる窓の表情に焦点を当て、撮影されました。


     「0:08a.m 」 1095×1018mm (ed:1/5)

室内の照明によって照らされる夜の窓からは、

そこに暮らす人びとの息づかいや気配が映し出されています。

人びとの暮らしに、思いを馳せてみてはいかがでしょうか?


「fresh2016 村上誠子展 –from 8:00 p.m. to 1:00 a.m.-」

は、1/29(日)までの開催です。

           「10:42p.m」 1296×1074mm (ed:1/5)