【1F】三重の立体造形作家たち展 / 作品紹介




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

惠村正大『里山からのおくりもの - 2021年の記憶』

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


《作家コメント》


私の育った昭和30年代には、里山からは旬の実りと日々の燃料などの贈り物がありました。

そんな恵まれた生活環境の中、里山の廃校になった小学校に取り残された水栓は、現代社会に何かを語ろうとしています。





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

三重の立体造形作家たち展

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


《会 期》2022年5月15日(日) 〜 7月24日(日)

《出展者》惠村正大 / 志村高弘 / 鈴木律子 / 前村実 / 山本莞ニ


【休館日】火・水曜・6/20〜24・7/4〜7

【最終日】7/24(日) 15:00まで開催