【1F】三重の立体造形作家たち展 / 作品紹介




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

鈴木律子『雫の森 2021』

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


《作家コメント》

17年前 楠の素材と出会い、それ以来かけがえのない生命や大地への感謝の思いを表現しようと模索しています。


コロナ禍、様々な制限を経験することになりました。

新しい生活様式を受け入れるなか、今まで時間に追われ見過ごしてきた大切なことに気づかされることがありました。


鉄のフレームに囲われた雫の存在を通して、見る人が自分の心と対話する時間を持ち、忘れかけていた大切な何かを思い出し、新たな一歩を踏み出す勇気になってほしい、そんな願いを込めて制作しました。







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

三重の立体造形作家たち展

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


《会 期》2022年5月15日(日) 〜 7月24日(日)

《出展者》惠村正大 / 志村高弘 / 鈴木律子 / 前村実 / 山本莞ニ


【休館日】火・水曜・6/20〜24・7/4〜7

【最終日】7/24(日) 15:00まで開催