【1F】三重の立体造形作家たち展 / 作品紹介

ロビーにて展示中の小作品、[三重の立体造形作家たち展]出展作家 平田茂 氏による『夢枕』。

(写真手前)



こちらは大理石で作られた、幅20cmほどの小作品。

多気町にある複合施設 "VISON"の屋外スペースには、「夢枕」の大作が常設展示されています。



続いて、同じく平田茂 氏の小作品「あくび」。



大理石で作られた、大きく口を開けたお顔。

眺めていると、思わずこちらもあくびをしてしまいそうです。



最後に「めざめ ー繭ー」




石の中で眠り目覚めたら…と想像して制作され、手と手で包むような形を表現されたそうです。




[ 三重の立体造形作家たち展 ]は、5月8日(日) 15:00まで開催。

5月15日(日)からは同展の後期が始まります。


また、ゴールデンウィーク(4/29~5/8)は毎日開館。(※5/8は15:00閉館)

皆様のご来館をお待ちしております。

⁡┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


《開催中の展覧会》

■ 三重の立体造形作家たち展

■ 坂本泰漣 展『新しい太陽』📌5/3〜8は午後より作家在館

■ 田辺磨由子 展『Water seed』

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈