【本館1F】三重の立体造形作家たち展 / 作品紹介.9

10人の作家によるグループ展『三重の立体造形作家たち展』出展作品をご紹介します。



平田 茂 「葉 efu ー声をたどるー」






側面の稜線をわずかに残し彫っていく 刃をまわしノミをあてつづける 強靭な素材がとても繊細に感じる瞬間でもある 彫刻された形は石の奥へとむかっていく 空間に張りだすようにあらわれてくる形は想像とはうらはらにたゆたう 重力から解かれているようにも感じた 彫刻としてそこにあるというよりも その場にそっとたたずんでいる 2019 年 9 月 以西で鳴くはずのセミの声をきいた 葉 ehu‐声をたどる‐」によせて


- 平田 茂 1978 愛知県生まれ 四日市市在住


..............................................................................


『三重の立体造形作家たち展』


【会期】開催中〜3/1まで

【会場】伊勢現代美術館 / 本館1F、彫刻館 宇空






《出展作家》


惠村正大

柴本武誌

鈴木律子

志村高弘

高橋光彦

平田茂

前村実

宮本治

宮本京子

山本莞二