【本館1F】三重の立体造形作家たち展 / 作品紹介.8

10人の作家によるグループ展『三重の立体造形作家たち展』出展作品をご紹介します。



宮本 京子 「エルンストヘッケル『生物の驚異的な形』へのオマージュ」








ドイツ人生物学者、エルンストヘッケル(1834 ~ 1919) の著書「Kunstformen der Natur ( 生物の驚異的な形 ) 」からインスピレーションを得て制作。  アンモナイトをイメージした姿で、神秘的な世界観を表現している。 



- 宮本 京子 1958 三重県生まれ 津市在住


..............................................................................


『三重の立体造形作家たち展』


【会期】開催中〜3/1まで

【会場】伊勢現代美術館 / 本館1F、彫刻館 宇空





《出展作家》


惠村正大

柴本武誌

鈴木律子

志村高弘

高橋光彦

平田茂

前村実

宮本治

宮本京子

山本莞二