吉川正道・千香子 展

 

 

【会 期】4月20日(金) 〜 7月8日(日)

【会 場】本館1F

吉川正道・千香子による、セラミックアートの展覧会。

吉川正道・千香子は、常滑市に窯を構え、オブジェから器まで様々な作品を制作する陶芸家の夫婦。

共に40年以上の陶歴を持ち、国内外で数多くの展覧会を開催、賞を受賞するなど、幅広く活躍している。

東海地区では、中部国際空港セントレアのロビーに設置された正道氏のインスタレーション作品を目にした方も多いかもしれない。

今回の展覧会は「祈りの気持ち」をテーマに掲げた、両氏にとって初めての夫婦展。

照度を落としたホワイトキューブの会場では、正道氏の代表作とも言える青白磁や、直径1.5Mほどもある巨大な球体、

千香子氏の得意とするカラフルでユーモラスな表情のオブジェなどが並び、それぞれに個性的な作品が互いを引き立てあう様に融合している。

 

作品の制作過程や日常生活、夫婦間にもあるという「祈り」が親しみやすい形となって表され、

見る者に寄り添うよう静かに佇むそこは、心が穏やかになる居心地の良い空間。

 

また、当館のガーデンと庭園では両氏の常設作品が展示され、

ミュージアムショップでは手頃な小品が期間限定で販売中と、吉川夫妻の世界観を堪能できる機会。

​皆様のご来館をお待ちしております。

吉川 正道

Masamichi Yoshikawa

 

 

1946 神奈川県生まれ
1968 愛知県常滑市に移住、日本デザイナー学院研究科 卒業、 常滑陶房杉 入社

1984 IAC会員 (国際陶芸学会 / スイス)

1985 民族芸術学会会員

 

1998 NHK 「やきもの探訪・白からの飛翔 吉川正道」

2007 NHK「器、夢工房 吉川正道」 特別番組 総集編

    名古屋芸術大学 美術学部 陶芸コース教授 就任

2008 NHK 「器、夢工房 吉川正道」

2009 マラ工業大学客員教授に召喚 (マレーシア)

 

 

- 受賞 -

 

1971 「朝日陶芸展」 優秀賞

1972 「ヴァロリス国際陶芸展」 国際大賞

1981 「朝日陶芸展」 大賞

1983 「第1回 朝日現代クラフト展」 グランプリ

1992 「ニヨン ポースリン トリエンナーレ」 2席

1998 「ミュンヘン国際アート&クラフト展」 ゴールドメダル

1999 「札幌芸術の森クラフトコンクール」 優秀賞

2000 「第3回 出石トリエンナーレ」 グランプリ

2001 「第1回 韓国国際陶芸ビエンナーレ」 銅賞

2002 「第18回 ヴァロリス国際陶芸ビエンナーレ」 金賞

2003 「第2回 韓国国際陶芸ビエンナーレ」 審査員(乾由明)賞

2004 「第2回 台湾国際陶芸ビエンナーレ」 グランプリ

2006 「愛知県芸術文化選奨」 文化賞

 

 

- 個展 -

 

1977 丸栄工芸サロン(愛知) 以後、82年まで開催。82年から画廊にて隔年開催

1979 日本橋高島屋(東京) 以後、93年まで隔年開催

1989 ギャラリーASIATICA (カンサス / アメリカ)

1990 マスダスタジオ 鯉江良二氏と2人個展 (東京)

1991 BOWIGギャラリー (ドイツ)

1993 ギャラリー顕美子 (愛知)

1994 赤坂グリーンギャラリー (東京)、美術館松欅堂 (愛知)、ギャラリー円居 (神奈川)、織部亭 (愛知)

1995 アートハウスミモ座 (静岡)

1996 赤坂グリーンギャラリー (東京)、ギャラリーb15 (ミュンヘン / ドイツ)

1997 日本橋高島屋 (東京)

1998 ギャラリー安曇野 (青森)、ギャラリーVieux-Bourg (ロネー / スイス)

1999 INAXタイル美術館 開催企画「新感覚シリーズ第一回」開催

    第二回以降、約50名を選抜・展開 (愛知)

赤坂グリーンギャラリー (東京)、ギャラリーHIRAWATA (神奈川)

2000 ライフギャラリー点 (福岡)、ギャラリーアンティーヌ - 現代美術家 - 国島征二氏と2人展 (神奈川)

2002 ギャラリー空間舎・白子 (東京)

ギャラリーNAF - 現代美術家・生け花作家 大坪光泉とコラボレーション (愛知)

2003 ギャラリーb15 (ミュンヘン・ドイツ)、ギャラリーアルイグス (東京)、高島屋画廊 (愛知)

2005 丸栄 (愛知)、日本橋高島屋画廊 (東京)、JR名古屋高島屋画廊 (愛知)、ギャラリーなかむら(福岡)

2006 『吉川正道展』 伊勢現代美術館 (三重)

2007 バリックス ギャラリー (バース / イギリス)、マリアへエラー ギャラリー (ハイデルベルグ / ドイツ) 

    リンナー&ローズギャラリー(アムステルダム / オランダ)

2008 『Water of Life展』 Compagnie de la Chine et des Indesギャラリー (パリ / フランス)

2009 日本橋高島屋画廊(東京)、JR名古屋高島屋美術画廊 (愛知)

『かたち展』 Azabujuban Gallery (東京)

2009 『Structured Elegance展』 Joan B Mirvissギャラリー (ニューヨーク / アメリカ)

2010 『帰園田居 陶思考 吉川正道展』  風の沢ギャラリー美術館(宮城) 年間を通して開催

バリックスギャラリー (バース / イギリス)、ギャラリー光玄 (愛知)

Loes-Reinier International Ceramicsギャラリー (オランダ)

2011 Rosemarie Jager Galerie (フランクフルト / ドイツ)、クラフトショップ俊 (神奈川)

『陶思考part2 - わが思い、わが心の茅ヶ崎 - 』 茅ヶ崎市美術館 (神奈川)、ギャラリーhu (愛知)

2012 JR名古屋高島屋美術画廊 (愛知)、Kunstforum solothurn (バーゼル / スイス)

    『松田隆作・吉川正道展』 新世紀工芸館 (愛知)

2014 ヴァロリス国際陶芸ビエンナーレ2014

- 招待作家として教会内にてインスタレーション設置・展開 (ヴァロリス / フランス)

Erskine, Hall & Coe (ロンドン / イギリス)、天地陶芸協会 (マカオ、香港、中国)

TONG-INGギャラリー(ソウル / 韓国)

2015 ギャラリーなかむら (福岡)

2016 ギャラリーhu (愛知)、ギャラリー図南 (富山)

2017 日本橋高島屋 『薬師三尊のための香炉展』 (東京)

2018 JR名古屋高島屋 『吉川正道展 - 水炎 – ガラスとのコンビネーション』 (愛知)

 

 

- パブリックコレクション -

 

1987 国際交流基金

1989 ヴィクトリア&アルバート美術館 (ロンドン / イギリス)

1991 ケスナー工芸美術館 (ハノーバー / ドイツ)

1992 ニヨン・ボースリン美術館 (ニヨン / スイス)

1993 ㈱スギエダック 東京支店ビル ロビー陶壁制作 (東京)

1994 プラハ装飾工芸美術館 (チェコ)、常滑市、ヴィクトリア&アルバート美術館 (ロンドン / イギリス)

1995 ブルックリン美術館 (ニューヨーク / アメリカ)、ランデス・ホルシュタイン美術館 (ドイツ)

1996 ヌイ・サブロン美術館 (ミュンヘン / ドイツ)、常滑市、ボルゴー市立美術館 (フィンランド)

1997 海外技術研修センター 玄関ホール モニュメント制作 (愛知)

1998 アリアナ陶芸美術館 (ジュネーヴ / スイス)

2000 伊藤清永記念美術館 (兵庫)、ウスターバルト陶芸美術館 (ドイツ)

2001 利川ワールド・セラミックセンター (利川 / 韓国)、セーブル陶芸美術館 (パリ / フランス)

ヴァロリス陶芸美術館 (ヴァロリス / フランス)

2003 常滑市、ヒューストン現代美術館 (フロリダ / アメリカ)

MAD アート&デザイン美術館 (ニューヨーク / アメリカ)

2005 国立台北鶯歌陶芸美術館 (台北 / 台湾)

    中部国際空港 エントランスロビー 立体・陶壁によるインスタレーション制作・設置 (愛知)

2007 中部ろうさい病院 エントランスロビー 立体・陶壁制作 (愛知)

2008 グラッシィー美術館 (ライプツィッヒ / ドイツ)

福井厚生病院 エントランスロビー 陶壁制作 (福井)

ミネアポリス インスティチュート オブ アート (ミネソタ / アメリカ)

2012 フロリダ大学 ハーン美術館 アジアンウイング 前庭 (フロリダ / アメリカ)

     オーストラリア国立美術館 (キャンベラ / オーストラリア)

2014 ヴァロリス陶芸美術館 (ヴァロリス / フランス)

2016 メトロポリタン美術館 (ニューヨーク / アメリカ)

吉川 千香子

Chikako Yoshikawa

1948 北海道生まれ

1970 武蔵野美術大学彫刻学科 卒業

1974 愛知県常滑市に移住

1978 初個展。以後、個展多数

 

 

- 展示 ・ ワークショップ ・ 受賞歴 –

 

1992 国際陶芸交流事業 ・ マラ工業大学 (シャーアラ / マレーシア)

1996 Animal展 (フランクフルト / ドイツ)

1997 マグカップシンポジウム (ドゥビ / チェコ)

1999 国際陶芸交流事業 ・ デリーブルーポタリー (デリーブルー / インド)

Tierr Reposada展 (コルドバ / スペイン)

2000 Yoeju International Ceramic Workshop (驪州 / 韓国)

2001 2nd International Porcelain Pot Symposium (カルロビバリ / チェコ)

“Traveling Package” (バンコク / タイ)

Yoeju International Ceramic Firing Event Workshop (驪州 / 韓国)

伊丹酒杯台展 優秀賞 (兵庫)

Animal Exhibition (ドイツ)

2003 3rd International Porcelain Pot Symposium (カルロビバリ / チェコ)

The 2nd World Ceramic Biennale 2003 Korea 特別賞 (韓国)

Ramon Fort Work Shop (ジローナ / スペイン)

2005 4th International Porcelain Pot Symposium (カルロビバリ / チェコ)

The 3rd World Ceramic Biennale 2003 Korea International Ceramic (韓国)

WOOD- FIRING FESTIVAL 2005 (韓国 / 驪州)

2006 Lanna style International Workshop (チェンマイ大学 / チェンマイ / タイ)

TOJI Avantgard et Tradition de la Ceramique Japonaise (セーヴル陶磁器美術館 / パリ / フランス)

2007 Association Culturelle Franco Japonaise de Tenri (パリ / フランス)

10th International Mug Symposium “Traditions and Possibilities 2007” (チェコ)

吉川千香子展 “華” (伊勢現代美術館 / 三重)

2008 International Workshop (インスブルク / オーストリア)

2009 PATISATU STUDIO Workshop (クアラルンプール / マレーシア)

2010 Gelerie LOES & REINIER (オランダ、セーヴル陶磁器美術館 / パリ / フランス)

2011 Rosemarie Jager Galerie (フランクフルト / ドイツ)

2012 Les journees de la ceramique (フランス)

2014 ワークショップ(スペイン)

Les journees de la ceramique (フランス)

The forth biennale shanghai international contemporary porcelain art exhibition (上海 / 中国)

2015 ワークショップ(韓国、スペイン)

2016 Macau Art Garden “CERAMIC EXHIBITION” (マカオ)

ワークショップ(コロンビア)

2017 MOE ART DESIGN (ロサンゼルス / アメリカ)

 

- パブリックコレクション –

 

不思議の森 吉川千香子の世界 (名古屋市東山植物園 / 愛知)

常滑市民文化会館 (愛知)

伊勢現代美術館 (三重)

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter